FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雪」

タイトルが前回の記事と似ていますが、よく見てください。ちょっと違いますよ。ということで、今日のテーマは「よく見るとちょっと違う」です。kareki.jpg

雪やこんこ あられやこんこ
降っては降っては ずんずん積もる
山も野原も わたぼうしかぶり
枯木残らず 花が咲く

雪やこんこ あられやこんこ
降っても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭かけまわり
猫はこたつで丸くなる

言わずと知れた文部省唱歌「雪」の歌詞です。冒頭の歌詞「雪はこんこ」を「雪はこんこん」と歌っている人はいませんか?

間違いなので即刻改めましょう。(まず私が改めなければなりませんが)
「こんこ」はいわゆる擬音ではなく「ここへ来い」=「降れ」という意味だと今日初めて知りました。小さいころから「こんこん」は「あられ」はともかく「ゆき」にはそぐわない擬音だと思い続けていた私ですが、特にこれといった調査もせずに疑問を引出しに入れたままにしておきました。しかし、今日半世紀ぶりに引出しをあけて「雪やこんこん」をググってみたところ、こんこん(ウソ)こんこ(ホント)が判明しました。作者の意図がどこにあったかわかりませんが紛らわしい歌詞を作ったもんです。後世の人間が「雪はこんこん」と間違って歌うであろうことは容易に予想できたはずです。作者はあんまり性格の良くない人間なんでしょうか。



文部省唱歌には作詞、作曲家名が不詳のものが多いようですがそれには理由がありました。「文部省は作詞者・作曲者に高額な報酬を払い、名は一切出さずまた作者本人も口外しないという契約を交わした。「国」が作った歌であるということを強調したかったのだとも言われる[1]。そもそも合議制で編纂されたため、個人の著作物とするのは無理がある。」なんだそうです。詳しくはコチラ「雪」も作者は不詳です。曲に関しては、私の出る幕がありませんが、紛らわしい詞を作った性格の良くない作者にいちゃもんをつけてみたくなりました。疑問点を検証してみます。
「ゆきはこんこあられはこんこ」は前述の通り「雪よここへ来い、あられよここへ来い」=「雪よ降れ、あられよ降れ」という意味ですが、体験的に言ってこれは変です。気象学的にいえばどうなのか私には分かりませんが、普通あられは雨から雪に変わる時の前触れで降ることが多く、かなり激しい降り方をすることもありますが、降る時間は短く、せいぜい辺りが「白くなる」という程度の積もり方で、「ずんずん積もる」というような積り方はしません。また、雪とあられがタッグを組んでお互い協力しながら「降り積もる」こともありません。

「山も野原もわたぼうしかぶり 枯れ木残らず花が咲く。」

 

この件(くだり)には盆栽愛好家として、とても気になることがあります。この時季の樹木は常緑樹を除くほとんどの木は葉をふるい落として幹と枝だけの姿、盆栽で言うところの寒樹になっているはずで、見た目の上では枯れ木も寒樹も見分けがつきません。はたして作者は枯れ木と寒樹の見分けついたのでしょうか。「そこまでこだわるやつもおるまい」と後世の人間の洞察力に高をくくったようです。このことは寛大な心で許すとしても、枯れ木に雪がまとわりつく様を「花が咲く」はいくらなんでも強引すぎるのではないでしょうか。私の観察では、雪はキリタンポが串にまきつくような格好で枝にまとわりついています。むしろ常緑樹の松や杉の葉っぱに降り積もった雪が「花」に見えないこともないですが、あくまで作者は「枯れ木残らず花が咲く」と言い張っています。これはやはり「枯れ木残らずキリタンポ」が正しいのではないでしょうか。と、ここまでは昨日書きあげたものです。ところが、今朝起きてみたら、なんということでしょう、窓の外を見たら昨晩の雪で例のムクゲに(雪の)花が咲いていました。けっこうきれいなもんです。「どう見たって花には見えない、キリタンポだ」の主張を取り下げなければならないようです。けど、もちろんこのムクゲは枯れ木なんかじゃありません。

 





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おひさです。
犬は喜びかけまわらないということで(笑)
<夕焼け小焼け>の歌のときに、違いに悩んだことがあったのですが
結局、<大波小波~♪>の歌のように、語呂合わせ的なもんということで理解しました。
いや、もしかして、食べる<あられ>かも(そんなことはないが)
なお、こちらでは、
駆け回るほどの雪を見たのは、いつのことかくらい
ここ何年か積もるほど降ってないな。
そうそう、夕子ちゃんは、
雪が積もったとき(もちろんそちらでは積もったとは言わないくらいです。)
においが消えた!と、ところかまわずくんくんしてたような。

No title

家の犬は寒がって震えております。
あられもない姿です。

No title

確かに、積もるといっても雪国でいうほどの積雪がほとんどない地方の人なのでしょうね、作曲者は。
東京でも雪が降りましたが、野良猫は丸くなるコタツがないのと、縄張りのマーキングが消えてしまったせいか、けっこう駆け回っていたようで、あちこちに足跡を残していました。

No title

おはようございます。
昨夜は雪まじりの中、帰宅しました。関東では積もるような雪ではありませんが。
雪見酒をやりたいんですが。

No title

久しぶりの更新ですね、写真が前回と同じと思ったら、
ムクゲの木に白い花が満開になっていてきれいです。
確かに子供の頃は「雪やこんこん ♪ ・ ・」と歌っていました。
それが違うと気付いたは大人になってからなので
歌うこともなく、いました。
「シンシンと雪が降る」と、同じ感覚で、
「こんこん」でもいいような気もしますね。

>語呂合わせ的

夕子ママさん、「どんぐりころころどんぶりこ」なんてのもそうですね。遊びの精神で作ったのでしょうか、それともダジャレでごまかしたんでしょうか。
>においが消えた!と、ところかまわずくんくんしてたような
雪をて思い出すのは、やっぱりめい犬ウメのことです。もう一度ラブラドールが飼いたいのですが・・。

>家の犬は寒がって震えております。

佐平次さん、小型犬はどうも寒がりが多いようですね。
>あられもない姿です。
サンチくんはあられを観ながらあられもない姿ということでしょうか。

>積もるといっても雪国でいうほどの積雪がほとんどない地方の人なのでしょうね、

みつきさん、私は作詞者は石川県出身者とみています。なんとなく。

>雪見酒をやりたいんですが。

酔流亭さん、そうか、やっぱりそこへいくんですね。

>ムクゲの木に白い花が満開になっていてきれいです。

やまぼうしさん、ひと足早く花見です。

No title

目からウロコです。
ふんふん,なるほどなるほどと読みました。

あらたな私の疑問です。
 >枯木残らず
一体,どれだけたくさんの枯れ木があるんだろうと。

一体,どれだけたくさ>んの枯れ木があるんだろうと。

がきさん、2番が「猫=寒がり、犬=雪が好き」と如何にも紋切型の歌詞になっているところを見ると、この作者はフィールドワークが苦手な人と見受けられます。1番の歌詞もきっと机の上で考えた言葉を連ねただけだと思います。あるいはこれぞまさにキャリア官僚の「合議制」でつくられた歌詞なのかも知れません。枯れ木より圧倒的に葉を落とした落葉樹の方が多いことは間違いありません

春よ来い

「雪やこんこ、あられやこんこ」は、調べたら1911年の尋常小学校歌とのことですが、「雪ッ!」に登場したみいちゃんの、「春よ来い、早く来い」の相馬御風の童謡は、このフレーズを意識して作られたのでしょうか?
 私は「春よ、来い」の心境ですが・・

 私は「>春よ、来い」の心境ですが・・

くろさきさん、春が来る前に、まずは冬が終わってほしいところですね。「春よ来い」の2番の歌詞は「春よ來い 早く來い
  おうちのまえの 桃の木の
  蕾もみんな ふくらんで
  はよ咲きたいと 待つている」でした。

No title

久し振りの反論!

衰えてはいませんな!!!

あらまあ、見てたのね

> 久し振りの反論!
>
> 衰えてはいませんな!!!
高麗山さん、妙なタイミングのコメントですね。ご存じかどうかノーテンキではあるが格調高い(!!)このブログで「ヨタ記事問題」を取り上げる予定はなかったのですが(私は終わった問題だと解釈していました)彼の人がまたこの話を蒸し返してきたので(それにしても執拗です)本意ではないのですがこの問題を本家ブログで取り上げるべく記事執筆中です。近日中にアップいたします。シバラクオマチヲ。
プロフィール

ume

Author:ume
新潟県上越市に住んでいます。午前中は農夫、午後からは勤め人。ときどき2,5号素焼き鉢のミニ盆栽もどきと戯れることもあり。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
お気に入り盆栽ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。