FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十歩百歩

正月向きの話題を探してみました。今日のお題は「五十歩百歩」です。
「ごじっぽひゃっぽ」ですよ、読み方は。中国の故事に由来している言葉で、「能力、才能、質や量などを比較して、それほどの違いがないこと。」本質的には差がないこと。」という意味ですね。
「五十歩百歩」は非常に認知度の高い故事です。私でも知っているくらいだから。
で、問題は、(問題にしているのはもちろん私です)百歩引く五十歩=五十歩」
その差、五十歩。五十歩の差を多いとみるか少ないとみるかによってこの四字熟語の意味が全く違ってきます。この故事の由来となっているウソっぽい物語は、名前だけなら知っている孟子がまだご存命だった紀元前五世紀、彼の国の戦国時代の頃の話です。敵とチャンバラををしたけど、あまりに敵が強いもんだから、おじけづいた二人の兵士が戦場で怖くなって逃げ出しました。ある者は100歩逃げて踏みとどまり、ある者は50歩で踏みとどまった。」
放送席でこれを見ていた徳光アナが「五十歩で踏みとどまった兵士は勇気があります。それに引き換え、百歩逃げた兵士は意気地なしですね。孟子さん。」の問い掛けを孟子にしたところ、天邪鬼の孟子が「とくさんそりゃ違う。五十歩の差なんてたいしたものではありませぬ。『こわくて逃げた』ってことが問題なんじゃよ」と答えました。以後この言葉は『たいして違いがない」と言う意味に使われるようになりました。しかし、『徳光説」を支持する意見もあります。『五十歩は大きな差、その五十歩こそが大事」説です。
そんなところへ、この問題を考えるのにまことに都合のいい物語がまるで中国のウソっぽい話を補完するような形で、かの国の戦国時代から下ること2、400年(今から十年くらい前)のニッポン国の平成の時代に、越後の高田城下(春日山城下ではありません。念のため))の某飲み屋街で誕生しました。
仕事仲間7, 8人で催した納涼会での出来事です。 酒を飲むと気が大きくなる男(仮に酔い男とします。平常時は気の小さい男です。念のため)が すれ違った酔っぱらい軍団(リーダー格で大男のたこ入道、目つき鋭い背高ノッポ、半袖の腕から見え隠れするクリカラモンの三人組)にからかわれ、よせば良いのに、売り言葉に買い言葉とばかりに「なんだい、タコ」みたいなことをいっちゃった。タコは「なんだ、ボケ!」と即反応。あとは売ったり買ったりの言葉の応酬。さらには怒り心頭の三人組と酔い男はもみあいになり、驚いた仕事仲間軍団はどうしたことか、近くの電信柱の物陰に隠れこむヤツや遠巻きに争いを眺めるヤツ、争いを止めるでもなく間近で戦況を眺めるヤツと様々。しかも全員の顔に『私はこの酔い男の関係者ではありません」の貼り紙。この有様を見ていた通りがかりのオトーさん(50代?) はタコ入道に向かって『もう許してやったら?この人ヘベレケで今何をしているかわかんないみたいだよ。こんな人と争っても得すること無いよ。誰か警察に通報すると厄介な事になっちゃうよ」と三人を諌めたら、三人は簡単にその場を去り、一件落着。

さて、このあと物語はどう展開したでしょうか? 続きは『続きを読む」をクリック。

まずこの50男は顔に『私は」の貼り紙をしている男たちを全員集めました。そして、
『なんだよ、お前たち!あの酔い男は仲間なんだろう。知らんぷりして逃げ出すなんて、男の風上にも置けない奴らだね。恥ずかしくないかい?世も末だね。呆れてモノも言えないね」と言う割りには機関銃のごとく延々と説教。あまりの正論にアイの手も入れられずに黙り込む軍団です。50男が去ったあと、開口一番出てきた言葉は「さっきのタコ入道よりよっぽど怖かったな~」です。さて、一難去り、もう一難去っての反省会(罵り合い)です。
電男(電信柱へ逃げ込んだヤツ)すぐそば男に向かって「オマエが一番悪いね。オマエはそばにいたんだから、争いを止めるべきだったよな。おかげで、とんだ説教を食っちまったよ。」と言います。
すぐそば男はすぐに反論です。「おいおい、いち早く逃げたオマエに見当違いの文句云われたくないね。いざとなったらいつでも止めに入ることが出来る場所で、ひょっとしたらとばっちりを受けるかもしれない場所で頑張っていたオレが非難される筋合いはないね。オマエが一番非難されるべきだね。この臆病者め」「そうだ、そうだ」と遠巻き男。
不利な戦況を悟った電男は非難の矛先を遠巻き男に向けます。
「ナニを言うか遠巻き男め。一見オレは怖くて電信柱の陰に逃げ込んだように見えるかもしれないが、遠くから観ていた方が冷静に、客観的に戦況を分析できると思ったからで、この難事に対処するにはおれの位置がベストポジションだと思ったからだぜ。断じて、怖かったからじゃないぜ。その点お前なんてどっちつかずの中途半端なところで見物していただけじゃないか。」
」と電男。すぐに遠巻き男も応酬します。「なにをトンチンカンなことを言っているんだ。良く考えてみな、オレのいた位置は、事があればすぐにでも酔い男のところに駆けつけられる位置で、尚且つ冷静に戦況も分析できる程よい位置なんだぜ」

とても結論が出そうもない話の展開になりました。「五十歩百歩」の解釈は平成の世になっても結論が出ませんでした。おわり
さてここで問題です。私はどの男でしょうか?あなたはどれ?そういえば私は今日誕生日でした。何回目だったかなあ

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先ずはお誕生日おめでとうございます。正月の挨拶のついでではありませんからね,念のため。

さて,問題の答えですが,「50男」がumeさんです。かつて「亀からの脱出」の記事でのやりとりから言ってumeさんに間違いありません。

No title

umeさん 誕生日おめでとうございます

穴の所有権、納涼会の一件、面白い話ですね。
ところで直吾さんは今どんな人になってるんでしょうかねぇ・・。
興味津々です。

一歩も近ず来ません!

誕生日おめでとうございます。

昔人間にしては大柄な私、揉め事の仲裁に入り警察沙汰に
なったとき、警察官は必ず止め役の私を一等先に確保します!
以下申すまでも無く、私と本官達の争いになり所轄署まで同行して
誤解を解くのに2~3時間です。 バカらしくてやってらんな~い!
故に、一歩も近ず来ません!!!(^u^)

No title

さてねえ、50歩100歩、だれだかわからないなあ。
酔い男かもしれない。
私は逃げたこともあるし、友人が警察に捕まった時にはこちらから出て行って(一応逃げおおしたにもかかわらず)助けたこともあります。
ところで誕生日おめでとう!

No title

この記事、リンクさせていただきマス、あしからず。

No title

お正月とか、大きなイベントが誕生日の近くにある人って、お祝いを一緒にされて損ですね。
おめでとうございます。
こういうのは現場に居合わせてみないと分からないものなのですが、50代のオトーさん、全くの第三者だったから冷静に対処できたんでしょうね。
「徳光説」を支持するところを見ると、いちばん間近で戦況を眺めていたのではないのでしょうか。

前回の10%はただの計算間違いですけど「行った事が無いからどちらともいえない」にしといてください。
私は見たものしか信じない性質なので。

Re: No title

>お正月とか、大きなイベントが誕生日の近くにある人って、お祝いを一緒にされて損ですね。お正月とか、大きなイベントが誕生日の近くにある人って、お祝いを一緒にされて損ですね。
みつきさん、そうなんですよ。正月のおこぼれの「おめでとう」とおせちの残り物が私の誕生日です。そこで、ブログでで「おめでとう」をおねだりしたわけです。
「わたしは誰でしょう」の答えは記事でアップします。

Re: No title


佐平次さん、>リンクさせていただきマス、
ありがとうございます。
「わたしは誰でしょう」の答えは記事でアップします。

Re: 一歩も近ず来ません!

高麗やまさん、
>誤解を解くのに2~3時間です。
だいたいが、カンケンというものはコミュニケーションがヘタクソな集団です。近づかないのが賢明ですね。

Re: No title

>umeさん 誕生日おめでとうございます
BON人さん、ありがとうございます。

。ところで直吾さんは今どんな人になってるんでしょうかねぇ・・。
興味津々です。
よくあることですが、学校一の乱暴者が今はとんでもない常識人になったりしていますよ。

Re: No title

> 先ずはお誕生日おめでとうございます。正月の挨拶のついでではありませんからね,念のため。
がきさん、ありがとうございます。

>さて,問題の答えですが,「50男」がumeさんです。かつて「亀からの脱出」の記事でのやりとりから言ってumeさんに間違いありません。
答えは記事でアップします。

No title

遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。
ところで私は五十歩と百歩の違いを大事にしなきゃと考えるほうです。
今年もよろしくおねがいします。

Re: No title

>ところで私は五十歩と百歩の違いを大事にしなきゃと考えるほうです。
酔流亭さん、5、000円と10、000円を「似たようなもの」とは、とても言えないですよね。
>今年もよろしくおねがいします。
こちらこそ。
プロフィール

ume

Author:ume
新潟県上越市に住んでいます。午前中は農夫、午後からは勤め人。ときどき2,5号素焼き鉢のミニ盆栽もどきと戯れることもあり。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
お気に入り盆栽ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。