スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬか漬けの次はタクアン!

ぬか漬けの次はタクアンです。無事に(危険の伴う作業ではありませんが)糠味噌の仕込みも終わり、何事につけ三日坊主が常の私も、三日目の関所は難なく越えて、今日で8日目の「糠まわし」を終了しました。そろそろ試し漬けにキュウリでも突っ込んでみようかと思っています。「継続は力なり」は私の嫌いな格言の一つです。瞬発的な馬鹿力はあっても持続力のない私には嫌味な言葉でしたが、「糠まわし」の実績で少し自信ががつきました。どうも私は今まで自分を過小評価していたようです。
タクアンは食材の少ない雪国の冬の貴重な常備食です。どんなにうまく漬け込んでも「頬っぺたが落ちる」と評価されることはまずありません。身の程を知っているのか、タクアンはいつも食卓の片隅で遠慮がちに鎮座しています。弁当箱の中では、姿のある時はさほど存在感はありませんが、食べ終わった後、ご飯に残された着色用のクチナシの黄色には妙な存在感があります。塩分たっぷりの不健康食ですから美味しく漬かったら、自分では食さず、なるべくおすそ分けにまわそうと考えています。huyu たくあんJPG
ここかしこ、干し大根であれほど賑わっていた「はさ]
も、今は静かに冬の到来を待っています。huyu はさ
取り残された大根は大地に還っていきます。大根JPG
拡大してもしょうもない画像ですがクリックで拡大します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

大切なものはなくなった時にわかるといいますが、たくわんを食べ終えた後のご飯の黄色、あの黄色だけでその黄色に染まったご飯をおかずにご飯もう一口はいけちゃいそうですね。

黄色の正体は

クチナシやウコン(ターメリック)だから、自然界にあるものなんですね。他の」おかずがあるうちは目立たないけど、おかず食べ終わったあとの枯野の中では「俺を忘れるなよ」と主張しているみたいですよね。

No title

そういえば漬物界における沢庵の地位は低下してませんか。
かつては漬物と言えば先ず沢庵、そのあとに野沢菜とか白菜漬とかが賑やかしのように並んでいたような気がする。
昔日の栄光を取り戻すためにひとつ”これが沢庵というものだ!”をつくってください。
弁当に入れて旅行する人が多かったなあ。網棚に置いとくとステイームの熱でえも言われぬ匂いが立ち込めたもんだ。

No title

箸休めにも良し、食後のお茶請けにも良し、冬の食卓には欠かせないものになっています。春先のちょっと酸味が出始めた沢庵に下ろした生姜をまぶして食べるのも好きです。私も先月糠と塩だけで50本ほど漬けて見たのですが、如何なものか、楽しみです。

>”これが沢庵というものだ!”をつくってください。

佐平次さん、タクアンは、ボキャ貧グルメリポーターの三大常套句「あまーい」「やわらかーい」「コクがある」のどの言葉でも言い表せない食品界のクセモノです。「これがタクアン」は難しいけど研究してみます。

No title

やまぼうしさん、そういえば、年寄りがむかし、ご飯を食べ終わった茶碗にお湯を注ぎ、タクアンをブラシがわりにして茶碗を洗っていたのを思い出しました。わずかに塩味のついたお湯は飲み干していました。

No title

沢庵のうまさをキチンと表現できれば食味評論家としても一人前か。
沢庵評論家の登場をまとう。

タクアン試食開始

佐平次さん、まだ完全に漬け上がったわけではないのですが、水が上がったので試食してみました。レシピより塩の量を少なくしたので醤油を少しかけて丁度良いくらいの塩加減でした。タクアン初体験にしては上出来でしたが、これに満足せず、塩加減を調整しながら、もう少し上を狙ってみようと思っています。
だけど、俺ってこんなに向上心あったかなあ?

No title

沢庵道は奥が深い。
小成に甘んじず一層の精進を!

佐平次さん了解です。

今までの人生いい加減だったから、せめて「沢庵道」だけでも極めたいものです。。。
プロフィール

ume

Author:ume
新潟県上越市に住んでいます。午前中は農夫、午後からは勤め人。ときどき2,5号素焼き鉢のミニ盆栽もどきと戯れることもあり。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
お気に入り盆栽ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。