スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛後生活 (書き直し再投稿篇)

なんとも間抜けなことに、書きさしの記事、「起承転結」の「起」しか書いてない文章を誤って投稿してしまいました。過去にも何度か同じ過ちを犯しているから、つくづく学習能力のない男であります。なにはともあれ、取り急ぎ、記事を完結させましよう。投稿のやり直しです。すでにgakis-roomさんからコメントを頂いているから、記事の更新よりコメントの投稿が早いということになります。気にしないでくださいね。夏 018.JPGマニキュア
「それにしても汚い足だ。写真撮るなら爪くらい切れよな。ああ、パジャマの裾も映っているぞ!でも、なかなかリアリティーのある写真だぞ」
『ホームセンター勤めも半年過ぎました。この間に、スニーカー2足と左足親指の爪1枚、サイズの合わなくなったブカブカのGパン4本、遠近両用めがねを2本を葬ってしまいました。
しかし一方では、Gパンを二つサイズダウンさせ、左足親指の爪を再生させました。マニキュアを差した右親指の爪もグラグラしているので、間もなく剥がれ落ち、やがて再生することでしょうよ。男だけ三人のケシツブみたいに小さな零細の空調屋のオヤジから、大きなホームセンター、しかも、おねえさんおばさん取り交ぜきれいなおねえさんばっかりの,女子の多い職場の端末店員への転身ですからまるっきり職場環境も立場も違います。しかし、そこはそれ、半世紀(プラス10年)生きてきたおとうさん(私のことです。)、ダテに歳を重ねていません。研ぎ澄まされた(と言う言い方はないのかな?)順応性で、必ずしも平板ではない毎日を、何とかうまくやっています。
ささやかな半生で培った知識や技術を建築現場で活かすことはできなくなりましたが、お客様の様々の難問奇問に答えるのに役立っています。接客業は意外と私には合っているのかもしれません。私の半生で出会ったことのないミステリアスな商品もたくさんあります。休憩時間は私のミステリーツアーです。「未知との遭遇」ホームセンターはワンダーランドです。
日頃の私の守備範囲は園芸、資材関連の商品です。肥料やブロック、セメント、木材などの重量物の運搬や品出しもしなければなりません。ありがたいことに、以上でもなく、以下でもない、ホームセンター勤めに必要な肉体的なスキルはドンピシャで私の体には残っていました。パワー系の仕事は工夫を加えてソツこなしています。ブロックを運ぶ私の作業動作をを見て、左手の握力が健常者の半分以下だと気がつく人はいないでしょう。技術の勝利です。
さて、店内はすでに冬の装いです。冬囲い用の竹や玉縄がどっさり、スノーダンプ、穴空きホース、スノーシャワー、除雪機用シャーボルトも並びました。雪国のホームセンターはさらにワンダーランドです。おお、それから高麗山さんとhanabi_cyuさんには失礼なことをしました。気がつくのが遅くて、前の記事へのコメントに対するレスを返しておりません。今後は気をつけますので、お許しを。ゴメンナサイ。
スポンサーサイト

春の歌

お口直しの記事です。柄にもないことはするものではありません。今日から平常営業いつものノーテンキブログ」に戻ります。改めて、よろしくお願いいたします。で、気軽にコメントお寄せください。
「春」を歌う唱歌は他の季節に比べると格段に多いような気がします。日本人にもっとも好かれている季節だからでしょうか。春は各政党もうらやむ、ダントツの「季節支持率」ナンバーワンです。今日のテーマは「春を歌う唱歌を探る」です。
思いつくままに「春」の歌を挙げると

「春よ来い」「春が来た」「春の小川」「どじょっこふなっこ」「早春賦」「朧月夜 」「さくらさくら」「蝶々」エトセトラ。まだまだいろいろあります。この中から今日は「春が来た」と「春よ来い」に考察を加えてみます。「春が来た」の作詞者、高野辰之は長野県中野市の出身で、このほかにも岡野貞一とのコンビで「故郷」「朧月夜」「もみじ」「春の小川」などたくさんの童謡を作っています。中野市は長野県でも決して雪の多いところではないようです。そのせいでしょうか、私は「春が来た」の詞に違和感を覚えます。

 

「春が来た」

春が来た 春が来た どこに来た
山に来た 里に来た 野にも来た

花がさく 花がさく どこにさく
山にさく 里にさく 野にもさく

鳥がなく 鳥がなく どこでなく
山でなく 里でなく 野でもなく

この詞で度々登場する「山」「里」「野」の区分が、私の住む地のように、それぞれが渾然一体となった地では判然としません。
一般的な概念で言うと、『「山」はたくさんの木が生い茂っていて標高の高いところ。』になるだろうし、『「里」は主に人間が住居を構えて生活しているいる平地。』でしょうか。「野」の定義付けが一番難しい。『人の手に掛かるところは田んぼや畑、そうでないところは草原になっている「山」と「里」の境界線に位置する比較的平たい場所。』でどうでしょうか。
高野さんの詞に「山に来た 里に来た 野にも来た」の件(くだり)がありますが、普通に考えれば、「言葉の順番が時系列」のはずですから、この詞をそのまま理解すれば、春は「山」→「里」→「野」の順番にやってくることになります。「山」と「里」はほぼ同時にやってきたけれど、「野」は,「野にも来た」とあらわされ、「(一番最後になったけど「野」にも春はやってきたんだよ」と強調されています。
標高の高さは低い方から順に「里」「野」「山」の順番です。従って春は「里」→「野」→「山」の順番で「やってくる」と考えるのが普通です。ところが、高野の詞では、「山」「里」「野」の順番で春が来ると言い張っています。一体どういうことでしょうか。私がとんでもない勘違いをしているのでしょうか。私の考え方のどこに誤りがあるのでしょうか。教えてください。

「春よ来い」の作詞者は相馬御風で、今は廃校になったわが母校、有間川小学校の校歌の作詞者として有名で、御風はこのほかにも片手間で早稲田大学や日本大学の校歌の作詞もしています。御風の出身地は上越市の隣町、糸魚川市です。
「春よ来い」
春よ来い 早く来い 歩き始めたみいちゃんが 紅い鼻緒のじょじょはいて おんもへ出たいと待っている


みいちゃんは御風の長女「文子(ふみこ)」がモデルとされています。
この歌の中ではみいちゃんが春を待ち焦がれている様子がイキイキと描かれています。人にはそれぞれの「春基準」がありますが、さて、みいちゃんにとっての春はどんな状態を指すのでしょうか?

みいちゃんは御風の長女「文子(ふみこ)」がモデルとされています。
この歌の中ではみいちゃんが春を待ち焦がれている様子がイキイキと描かれています。人にはそれぞれの「春基準」がありますが、さて、みいちゃんにとっての春はどんな状態を指すのでしょうか?


私が「冬終結宣言」と「春宣言」を区別するのは、家の周りや庭(つまり「里」です)の雪が溶けて無くなることを「冬終結」沁み込んだ雪解け水が蒸発して地が乾いた状態を「春」としているからです。子供の頃も今も我が家の前には国道8号線が走っています。この国道、昔は砂利道で穴ぼこだらけでした。雨が降ると穴ぼこには水がたまり、下駄や草履、ズック靴では歩けません。足が濡れるからです。雪が消えても道路の穴ぼこが乾くまでには時間を要します。穴ぼこの水が消えるまで春はやってきません。さすがに、今は8号線も舗装してあるので、冬が終わればすぐに春が来ます。みいちゃんの子供のころは雪が解けて春になるまでには時間がかかりました。みいちゃんは毎日、今か今かと穴ぼこの水貯まりの乾き具合を見ています。御風パパから買ってもらった紅い鼻緒のじょじょをはいて、早く外へ出たいと待ち焦がれているのです。 

明けましておめでとうございます。

外は大荒れですが雪はたいしたことはありませんません。「もう見たくない」と言う人が多いでしょうが、冬の日本海を我慢してもう一回だけ見てもらいます。何せ私は見たくもないのに、毎日見ているのですから。(これが最後です)今までのものは二階の廊下から撮ったものでしたが、今日は臨場感を考慮して、一階の居間を撮影場所に選んでみました。元旦の日本海です。本来なら国道八号腺の擁壁に(動画に写っています)よじ登って撮影すればもっと臨場感を現すことができるのでしょうが、風が強くてさむそーなので勘弁してもらいました。ちなみに、外気温2℃、風速は20m。体感温度は何度になるのかなあ。 と言うことで、明けましておめでとうございます。「2号半だより」ご覧のみなみなさまに、とりわけ、我慢して動画をご覧下さった皆様にはなお一層の、さらには、画像撮影者には、格別に幸多かれとお祈り申し上げます。

明後日から来年

購読している地方紙の連載漫画は「ちびまる子ちゃん」です。今日のお話はこうです。
まるちゃん「おじいちゃん、今年なんかやり残したことはない?」
おじいちゃん「いや、ないね。やり残しがあったら来年やればいいしね」
「まるちゃん「うん、そうだね。あさってから来年だものね」

こちらのじいちゃんはやり残したことはあったかなあ?

「ひねもすのたりのたりの日もある冬の日本海」→「サケ!」

『昨日の奈良からのこの記事に呼応しての直江津からのお返し記事です。ひねもすのたりのたりの日本海
という記事を書いたのはもう三日前です。ところが、肝心の動画貼り付けがうまくいかず投稿を断念しました。「鉄はアツイいうちに打て、ブログはアツいうちに飛ばせ』の原則からすれば、この記事は捨ててしまえばいいのでしょうが、せっかく苦労して撮った動画がもったいないので、改めて本日、付録の動画も付けて再発信いたします。
標題のサケは酒ではありません。鮭のことです。私が酒の話題を出すことはまずありません。今朝、集落総出の公園掃除(おもに落葉したケヤキの葉っぱの掃除)の御苦労賃として貰った缶ビール「ウーロン茶に代えて」と言ったら「そんなもの無い!」としかられました。と、酒に対しての関心はその程度のものですから。閑話休題、酒に話を戻します。まず動画を見てください。そうです。当地はタコや大根やコマユミばかりでなく鮭も捕れるのです。この川は我が家から東へ数百メートルのところにある桑取川です。兼続が援軍の要請に出向いた桑取はこの川の上流にあります。
このヘタクソ動画をよく見れば分かりますが、元気のいい鮭は堰堤を乗り越えて上流を目指します。ピョンピョン跳ねている鮭が見えるでしょうか。この元気な何匹もの鮭を見ると「ああこれがビナンカズラやチリメンカズラ、シンパク、三つ葉アケビだったらなあ。いや、秋グミ、ツルウメモドキでもいいのだがなあ」と思ったのは私だけ?一方、川の中で白く映っている魚体も見えるでしょうか。これらの鮭は最期の力を振り絞って産卵のために川を遡上してきたものの力尽き、命尽きた鮭たちです。川の中に何匹も横たわっています。何とも哀れを誘います。ちなみにこの鮭はぜんぜん美味くないです。残念ながら。
プロフィール

ume

Author:ume
新潟県上越市に住んでいます。午前中は農夫、午後からは勤め人。ときどき2,5号素焼き鉢のミニ盆栽もどきと戯れることもあり。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
お気に入り盆栽ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。